terminal5.exblog.jp
Top
カテゴリ:・Topic in movie( 8 )

アカデミー賞の選考基準って?
第78回 アカデミー賞のノミネートが発表され一息ついたところで、ふと思ったのですが、アカデミー賞の各賞を決める審査員の人って、ノミネートされた映画を1本あたり何回見るんでしょう?

最近、僕と同じ映画を観られた方のブログでの感想や評価を拝見し、
『うわ!俺そんなシーンなんとも思わなかったけど、そういう見方で観ると面白かったんだ~ もったいないことした~』って思うことがよくあります。

審査する時、もちろん僕のような単なる観賞家ではなく、審査員の方の着眼点は鋭く、また頭の中でのチェック項目もかなりの数にわたるのでしょうが、1回観ただけでその全てをチェックできるものなでしょうか?
というかそもそもアカデミー賞の審査員ってどんな人達で、どんな基準で審査しているんでしょう?

ということで、アカデミー賞をちょこっと調べてみました。アカデミー賞とは、1927年5月11日に創立された”映画芸術科学アカデミー
(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)”と呼ばれる団体が、その年に活躍した映画人に賞を贈るというイベントです。
しかし、単に活躍した映画人を称えるためだけに始まったものではなく、実は当時ハリウッドでは労働者が組合を結成し、経営者側と労働条件や賃金に関し対立していました。
そんな時、MGM副社長の座にあり経営者かつプロデューサーであったルイス・B・メイヤーは、組合に対し危機感を持ち、このままではいずれ監督・俳優たちも組合を結成し、彼らに払う賃金は莫大な額になってしまうと考え、ハリウッド映画人(制作者・監督・俳優・脚本家・カメラマンなど)の組織を結成し、組合に先手を打ち、経営者側に有利に話しを進めようとしたのです。

メイヤーの目的はあくまで、組合対策でしたが、「映画芸術および科学の質の向上をはかること」との大義名分が掲げられ、活動の一つとして「優れた業績に対する表彰」がつけ加えられました。
晩餐会を開き、ついでに発表を行うという規模のものです。 これがアカデミー賞の誕生のルーツです。

記念すべき第1回の授賞式は1929年5月16日に行われました。
その記念すべき第1回の投票権を持っていたのは、たった5人の中央選定委員会のみで、選定方法に疑問を持つ声も少なくなかったようです。
その時の特別賞を受賞したチャールズ・チャップリンは、受賞後次のように述べたようです。
「少数の人間の決めた賞など、たいした名誉ではない」
びっくりですね。
ってそもそもチャップリンってどんな声なんでしょう?

第25回からは現在のようにテレビ中継されるようになりショウ的要素も強まることとなったのですが、その背景にはワーナー、パラマウント、MGM、20世紀フォックス、RKOといったメジャー5社が経営状態の悪化により授賞式を経済的に援助しないと通告してきたことにより、アカデミー賞がその存続の危機にたたされたのですが、その危機的状況を救ったのが、映画会社の宿命のライバルであるテレビ会社(NBC)だったのです。
そのテレビ会社(NBC)が授賞式の放映(10万ドル)を申し出たことによりアカデミー賞はその存続を維持することができ、現在のようなTV中継がスタートしたようです。
しかしこのことは、広く親しまれる環境を作っただけでなく、権力者たちの発言力がアカデミー賞から排除され、より自由な、本来あるべき選考が行われるようになったとも言われています。

しかしその審査する会員は、他の映画祭と異なり、依然として5000人以上にもなるアカデミー賞の会員の投票によって決まるそうです。
そのアカデミー賞の会員とは、ほとんどが監督や俳優、脚本家、プロデューサー、カメラマンなどの映画人で構成されているそうで、つまりアカデミー賞は、その誕生から相も変わらず仲間を賛える身内のお祭りなのです。

しかし世界の映画祭における賞の対象を見てみると、ほとんどが作品、監督、演技、脚本、音楽といった、まさに作品の芸術面を賞賛するというものですが、
アカデミー賞は、それらに加えて撮影や編集などの基礎技術、美術や衣装デザインなどの装飾面、音響や視覚効果やメークアップなどの特殊技術までも対象に入れています。
単に作品の芸術性を賞賛するだけでなく、その裏で作品を支えている技術面にも評価の目を向け、また映画人たちの活動も奨励しています。
この賞の対象が、多いということが、この賞を支えようとする人達を増やし、結果的に世界最大の賞へと位置付けられるようなったのでしょうか?

とうことで、最初の疑問に戻ると、審査する人は分かりましたが、審査基準はいまいちよくわかりません。わかったことは会員は強制的にノミネート作品を観るわけではないということ。
ってことは、映画関係者が、投票権を持つ会員であるなら、たとえ観ていなくても、自分が関係する映画に投票したり、まるで日本のお歳暮のように知人が関係した映画に投票するんでしょうか?

ますます謎は深まるばかりです。


もし、記事が少しでも面白かったり、ご存知なかった情報がありましたら、
応援のクリックよろしくお願いいたします。
  ↓
 ←人気ブログランキングへ
 ※現在3位にアップ。はたして今日は?!  

今日も、よろしくお願いします。

[PR]
by Terminal-5 | 2006-02-07 23:33 | ・Topic in movie

横田めぐみさんのドキュメンタリー映画が観客賞受賞
社会ニュース:横田めぐみさんのドキュメンタリー映画が観客賞受賞

日本では誰もが知っている拉致被害者、横田めぐみさんをクローズアップしたドキュメンタリー映画「アブダクション(拉致) 横田めぐみ物語」が、27日(日本時間28日)、米ユタ州パークシティーで開催されていたスラムダンス映画祭のドキュメンタリー部門で観客賞を受賞した。監督のクリス・シェリダン、パティ・キムさん夫妻は「期待していなかったので驚いている。大変光栄です」と喜びを語ったらしい。

これはホントにうれしいニュースです。
先ほども言いいましたが、日本では誰もが知っている拉致問題。
この問題を、日本ではない国の人が映画化し、またそれを観た日本以外の国の観客がその映画を評価したことで、この問題が解決にまた一歩足を進めた気がしました。

約80分間のこの映画では、事件の経緯や事件後の家族の苦難などを克明に紹介しているそうで、『めぐみさんが死亡したと北朝鮮が発表した』と家族が知る場面などでは、約150人の観客の間からすすり泣きが聞こえ、終了と同時に大きな拍手が起きたそうです。

映画の力が、社会に貢献したニュースだと思います。

 ←人気ブログランキングへ
 ※結局今週も6位。はたして今日は?!    応援、よろしくお願いします。
[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-29 00:25 | ・Topic in movie

ピクサーを8500億円で買収
経済ニュース:DisneyがPixarを8500億円で買収 5日前の記事で取り上げたPixarの会長兼CEOを務めるスティーブ・ジョブズ氏は、Disneyの取締役に就任するそうだ。
というのも、Pixarの発行済み株式は約50.6%をジョブズ氏が保有しているので、必然的にDisneyの最大株主となるからです。

ジョブズ氏は「DisneyとPixarは、別々の株主を持つ別々の2社であることに起因する障壁なしに協力できることになった。これで、世界中で何百万もの観客に喜んでもらえる革新的なストーリー、キャラクター、映画の創作という最も重要なことに誰もが集中できる」とコメントしているそうで、今後、どんな面白い長編アニメーション映画が出るのか、1ファンとして楽しみです。

それはそうと、5日前の記事で書いたとおり1000万ドルで買収したLucasfilmのCG部門を、約74億ドルで売るんだからすごいですね。
まぁ、LucasfilmのCG部門を買収したころから、会社も大きくなり、増資などもしているのだろうけど、1000万ドルを74億ドルに・・・

 ←人気ブログランキングへ
 ※この2週間ずっと6位。はたして今日は?!    応援、よろしくお願いします。
[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-25 17:42 | ・Topic in movie

Pixarって・・・
ニュース:ディズニー、ピクサー買収を協議中

19日付米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は関係者の話として、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーが、ピクサー・アニメーション・スタジオの買収について真剣に協議していると報じたそうです。
ということでPixarのことを調べてみました。

Pixarといえば、Disneyが「トイ・ストーリー」「ファインディングニモ」「ミスター・インクレディブル」などの人気Pixar映画を配給し、共同出資するという条件で10年以上の間提携してきたのは周知の事実ですが、その前身はなんとあのLucasfilmのCG部門なんです。
(知っておられる方もいると思いますが、僕は知りませんでした。)

1986年にジョージ・ルーカス監督のLucasfilmのCG部門を、Pixarの会長兼CEOのスティーブ・ジョブズ氏が1000万ドルで買収して、社名をPixarと変更してからPixarの歴史は始まっています。

びっくりなのはこのスティーブ・ジョブズ氏。
なんとApple社創設者の一人で現在Apple社にCEOなんです。しかも自らがスカウトした人物の手によって1985年にApple社から追放されるという苦い経験もある一風変わった経歴をお持ちです。
その追放される前年の1984年はMacintoshデビューの記念すべき年だったみたいなんですが、ということは、LucasfilmのCG部門を買収したのはApple社を追放された翌年ということになります。
加えて追放された後はNeXTという会社も創設しているのだからこの人のヴァイタリティーには感服しますね。
しかも1980年代後半から90年代前半にわたってポケットマネーからPixar社に出資し、同社はこの間ショートフィルム、コマーシャル、ソフトを作成していたというのだからまたまた驚きです。

で、なんやかんやあったのですが今は古巣のApple社にCEOとして返り咲いています。
(復活劇も面白いのですが、その話はまた次回に。)

ジョブズ氏とは、「彼を知る人物は彼を徹底的に嫌うか崇拝するかのどちらかだ」と言われるくらい変わった人物だそうですが、1998年のiMac投入により黒字転換に成功したり、言わずと知れたiPodの成功など、その非凡な才能に異論を挟む余地は少ないと言われているカリスマ経営者です。

すごい人は何やってもすごいですね。

そんなジョブズ氏がつくったPixar、Disneyに買収されるのか、はたまたよりを戻すのか。
その結末が気になります。
----------------------------------------------------------------------------------
 ←人気blogランキングの映画部門をチェック!
  ※上のバナーもしくはリンクから『人気blogランキング』に行っていただけると、
    ブログランキングが少し上がります。応援、よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------
PIXAR
Apple
[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-20 08:34 | ・Topic in movie

ボンドカーより、ボンドガールは? (◆007 CASINO ROYALE)
芸能ニュース:最新作のボンド・カーはアストン・マーチン
(↑は前作『ダイ・アナザー・デイ』のボンドカーだったV12バンキッシュ)

007最新作のボンド・カーはアストン・マーティンに決まったようです。
同じイギリス車ということでアストン・マーティンではなく、ロールスロイスだったら激ウケだったんですが・・・  それはありえない話ですね。
ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンド役を卒業し、新たにボンド俳優に起用されたダニエル・クレイグが13日、アストンマーティンの本社を訪れ、短時間ながらもボンドカーとなる(?)新型車を試乗したそうです。

伝統に則り、新型車のディティールは映画の公開まではトップシークレットらしいのだが、新型車の車名を『DBS』にすることはアストンマーティンが発表した。
ちなみに最新作となる『007 CASINO ROYALE』は、2006年11月に公開予定。
日本では、2007年2月7日公開予定。

車好きなのでボンドカーになるアストン・マーティンも気になるのだが、
いったい次回作『007 CASINO ROYALE』のボンド・ガールは誰になるのやら・・・

アンジェリーナ・ジョリーが断り、
シャーリーズ・セロンも断り、
スカーレット・ヨハンソンも断り、
シエナ・ミラーも断り、
昨年の暮れに最終候補のように名前が上がったのは、ジェシカ・シンプソン。

当初の予定では、今月(2006年1月)から撮影が開始される予定だったはずだが、当然無理だろう。ボンドガールが決まらぬままダニエル・クレイグの撮影だけ開始するのだろうか?
ピアース・ブロスナンも心配だろうに。

 ←人気blogランキングの映画部門をチェック!
  ※上のバナーもしくはリンクから『人気blogランキング』に行っていただけると、
    ブログランキングが少し上がります。応援、よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------
007 CASINO ROYALE 〔2007年2月7日公開予定〕
[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-19 21:54 | ・Topic in movie

それって捕まらないの?
2006年1月16日(日本時間17日)に開催された第63回ゴールデングローブ賞の授賞式では、賞そっちのけで数多くのハリウッド女優の方々がその美しさや、センスをレッドカーペットの上で競っておられたようですが、そんな中、その魅力がゆえにこんなことが・・・ 

(ちなみにものすごい体系になっていたマライヤ・キャリーのことではない)

昨年ユアン・マクレガーとアイランドで共演したスカーレット・ヨハンソンが、
胸をもまれるという珍事件があったそうだ。
で、誰がそんなだいそれたことをしたかというと、ゲイのデザイナーで、E!のレポーターとして赤じゅうたんでインタビューをしていたアイザック・ミスラヒという人物(写真:右)。

その後、その男が捕まったとかそんなニュースは今のところ見つけれていないので、多分捕まっていないのだろう。
ゲイでも触りたくなるような魅力ある女性ということで片付けられてしまったのだろうか?
ゲイといえど、あの訴訟王国で、『珍事件』扱いで収束しているんだからビックリだ。

でも、まぁたしかに日本でも、そんなことはあった。
3ヶ月前くらいピーコがTVでアイドルの胸を触っていたけど、触られた本人も笑っていた。
そんなものなのだろうか?

それはそうと、アメリカのゲイと、日本のオカマはちょっと違うと思うのは僕だけだろうか?
--------------------------------------------------------------------------------------
 ←人気blogランキングの映画部門をチェック!
  ※上のバナーもしくはリンクから『人気blogランキング』に行っていただけると、
    ブログランキングが少し上がります。応援、よろしくお願いします。

[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-18 22:53 | ・Topic in movie

応募者は何人いたのだろう・・・
芸能ニュース:映画ハリー・ポッターのオーディションに多数の応募者

次回作映画で登場する新キャラクター、「ルナ・ラブグッド」役のオーディションが行われたそうだが、小説に合わせて金髪の女の子を採用するのだろうか?

演技経験は不問とあれば、相当な数の応募者がいるのだろうが、採用の基準って何なんだろう?
会社で一時期、採用部門に席を置いていたこともあり、採用の基準が気になる。
だって、僕が採用部門にいた時、採用を見合わせる学生よりも、採用する学生に対してナーバスになったものだ。
近頃転職なんてよくある話かもしれないが、それでもその一人の人間の人生を決める一因を担ってしまうのだから。

今回、ハリー・ポッターの新キャラクターとなれば、会社に入るどころの話ではない。
たぶん未成年なので、親・兄弟にも多大な影響を与えることだろう。
この面接官になる人は、どんな人なのか知らないが、小説や映画のイメージを崩さない人を選ぶだけでも、大変だろうに。

そrはそうと応募者数は、いったい何人だったのだろう。
----------------------------------------------
 ←人気ブログランキングへ
  ※上のバナーもしくはリンクから『人気ブログランキング』に行っていただけると、
    僕の順位が少し上がります。応援、よろしくお願いします。

----------------------------------------------
ハリーポッター
[PR]
by Terminal-5 | 2006-01-16 00:33 | ・Topic in movie

日本の文化が間違って伝わらないだろうか
Excite エキサイト : 芸能ニュース『SAYURI』試写会
先日、栗山千明 「イントゥ・ザ・サン」 の記事でも書きましが、公開に先立って行われた日本での試写会でも、やはり賛否両論のようですね。

これもスピルバーグの目にかなう(ハリウッドで通用する)日本人女優がいないことが原因なのかもしれません。ホントに残念なのですが。

それはそうと、日本の文化が間違って伝わらないか心配です。
職場に多数の外国人がいて一緒に働いていますが、日本に来て働くまで、全員とは言わないまでも芸者の格好をした人はいっぱいいると思っている人がいました。
日本の企業で働こうとと思っている人でさえ、そういった間違った認識をしているのに、ハリウッド映画のように全世界で放映される映画で、日本の文化が間違って映しだされているかもしれないと思うと、少し怖いですね。

一つ前の記事のラストサムライしかり、もうハリウッドでは時代モノのネタが尽きかけてきているかして、日本を題材にした映画はこれからどんどん出てくると考えられます。
そういた時、再三話している日本の文化というものが正しく表現されることを切に願う今日この頃です。

ただ批判っぽい書き方が多いので、少し肯定的な意見も書いておくと、
2005年1月29日に日本でクランクアップ会見の席で、芸者の世界をドキュメンタリーではなく、少女の目を通したおとぎ話(=竜宮城のイメージ)のように描き、雰囲気で美しさを追求したいと監督であるロブ・マーシャルが言っているので、その美しさを堪能してみるのも一興かもしれませんね。
----------------------------------------------
 ←人気ブログランキングへ
  ※上のバナーもしくはリンクから『人気ブログランキング』に行っていただけると、
    僕の順位が少し上がります。応援、よろしくお願いします。

----------------------------------------------
SAYURI 〔2005年12月10日公開予定〕
[PR]
by Terminal-5 | 2005-12-08 16:39 | ・Topic in movie




子供が産まれてから映画館ではなく、めっきり自宅鑑賞家になってしまったサラリーマンのブログです。あくまで個人の主観で書いているので、あしからず。
by Terminal-5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
・Movie - あ
・Movie - か
・Movie - さ
・Movie - た
・Movie - な
・Movie - は
・Movie - ま
・Movie - や
・Movie - ら
・Movie - わ
・Movie - ets
・Topic in movie
・Drama-時効警察
・Drama
・Baby
・Terminal
・Car
・Hobby
・Diary
・Topics
・Food
・著作権
以前の記事
2007年 12月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
メルボルン Life
加州生活日誌 My Jo...
ニューヨークの遊び方
農家の嫁の事件簿
Le Journal d...
yamaetsu.com
日々こんなん日記 
映画ストラット
Sweet* Days*...
ブログ版プラハ晴映雨読
ブログ:intensiv...
Vie naturelle
最新のトラックバック
rear end
from rear end
topher grace
from topher grace
by lyric sec..
from by lyric secon..
sell computers
from sell computers
cat breeders
from cat breeders
archie comic..
from archie comics ..
kitty foxx p..
from kitty foxx photo
realtors in ..
from realtors in an..
leann rimes ..
from leann rimes ly..
computer for..
from computer foren..
メモ帳
▼紹介予定作品▼
・エターナル・サンシャイン
・CUBE(キューブ)
・コンフェション
・スリー・キングス
・ソラリス
・チャーリーとチョコレート工場
・チャーリーと14人のキッズ
・トリプルX
・トータル・フィアーズ
・ハイ・クライムズ
・ブラックホーク・ダウン
・マルコヴィッチの穴
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧